ドクターシーラボ 薬用ボディ・ピンクの特徴や口コミ、評判を調べてみました。

ちくびの黒ずみ解決所【おすすめのアイテム決定版】
  1. ドクターシーラボ 薬用ボディ・ピンクの特徴や口コミ

ドクターシーラボ 薬用ボディ・ピンク

ドクターシーラボが提供する薬用ボディ・ピンクの口コミや評判を調べました。こちらの商品はちくびの黒ずみを薄くしてくれる注目のアイテムですが、他の同じような商品と比べてどのような特徴があるのでしょうか?

ちくびの黒ずみにおすすめアイテム第8位ドクターシーラボ 薬用ボディ・ピンク

美白効果
★★★★★
コストパフォーマンス
★★★★☆
口コミ満足度
★★★★★

美白・美容成分

持続型ビタミンC誘導体、L-アスコルビン酸2-グルコシド、グリチルリチン酸2K、シーグラスエキス、ハクガイシ加水分解エキス、加水分解コメヌカエキス、レチノール、リンゴ酸、オニイチゴ根エキス、ビワ葉エキス、持続型コラーゲン、持続型ヒアルロン酸、シアバター、浸透型コラーゲン、浸透型ヒアルロン酸

ドクターシーラボ 薬用ボディ・ピンクの強みや特徴

  • ドクターシーラボがお届けするボディ用美白クリーム
  • 紫外線や刺激などによるダメージを和らげるグリチルリチン酸2K配合
  • 3段階でターンオーバーを促しなめらかで明るい肌へ
  • コラーゲンやヒアルロン酸、シアバターなどを配合し、高い保湿効果を実現

気になる黒ずみにアプローチする注目成分とは?

薬用ボディ・ピンクに配合されている美白・美容成分は、ちくびの黒ずみにどのようにはたらきかけてくれるのでしょうか?ここでは、2つのポイントに絞ってお伝えしていきます!

薬用有効成分が黒ずみの原因を徹底ケア!

薬用美白有効成分である持続性ビタミンC誘導体(L-アスコルビン酸2-グルコシド)がメラニンの生成を抑えるとともに、黒ずみやくすみにアプローチ。さらに、薬用有効成分のグリチルリチン酸ジカリウムが摩擦などによる炎症を鎮静化して健やかなお肌に導いてくれます。

3種のブライトニング成分を配合!

お肌の透明感を高めてくれるシーグラスエキス、ハクガイシ加水分解エキス、加水分解コメヌカエキスがすでにメラニンの色素沈着による黒ずみが気になる箇所にはたらきかけてくれます!

3種のブライトニング成分を配合!

ドクターシーラボ 薬用ボディ・ピンクの口コミや評判

  • 黒ずみが薄くなってきた 香りはお気に入りです。1ヶ月くらい、欠かさず毎日お風呂上がりと朝出かける前に塗っていました。少しずつではありますが、塗り始める前よりもちくびの黒ずみが薄くなってきたような気がします!これからももうちょっとだけ頑張ってみます!
  • テクスチャが苦手 クリームは少し固い感じでちょっとベタつきを感じます。伸びもそこまで良くないかもしれません。もっとサラサラしているものの方が私には合っているような気がしますが、ちくびの黒ずみはなんとなく薄くなってきた気がするので使い切るまで続けてみようと思います。
  • 部位によっては? 全身に使えるとのことでしたが、ちくびの黒ずみは薄くなってきたものの、ヒザあたりの黒ずみにはあまり効果は感じられませんでした。
  • けっこう固めのクリーム 1個まるまる使い切りました。感想としては、期待していたよりも効果は見られないといったところです。もともと頑固な黒ずみだったというのもあるかもしれませんが、それでも少しくらいは効果が出て欲しかったところです。けっこう固めのクリームなので使い心地もあまり好みではありませんでした。
ちくびの黒ずみにおすすめのアイテム10選はこちら
コンテンツ一覧

ページのトップへ