ヨーグルトとリップクリームがちくびの黒ずみに効くのか調べまとめました。

ちくびの黒ずみ解決所【おすすめのアイテム決定版】
  1. ヨーグルトとリップクリームがちくびの黒ずみに効く?

ヨーグルトとリップクリームがちくびの黒ずみに効く?

ちくびの黒ずみを薄くするにはヨーグルトやリップクリームを塗ると良い、という話を聞いたことがあったので、本当に効果が期待できるのかどうか理由と共に調べてみました。

ヨーグルトでちくびの美白が期待できる理由

ヨーグルトとリップクリームがちくびの黒ずみに効く?

まずヨーグルトでなぜちくびの黒ずみが改善できるのかというと、それはヨーグルトから摂取できるホエーという物質にありました。
ホエーとは乳清とも呼ばれていて、市販のヨーグルトの蓋を開けた時に表面に溜まっている水分のことです。

ホエーとはそもそも、牛乳などの乳からカゼインや脂肪分が除かれた水溶液のことで、非常に栄養価が高いことで知られています。
その中には、肌にとって欠かせないミネラルやビタミン、タンパク質などの栄養が豊富に含まれているんです。

また、そのタンパク質はグルタチオンというアミノ酸の一種を増加させる働きを持っています。
グルタチオンは活性酸素の働きを抑える効果があることが知られています。

他にもホエーにはチロシナーゼを抑制する働きが期待されています。
チロシナーゼとはメラニン生成に関わる酵素の一つで、この働きが抑制されることでメラニンが生成されにくくなります。

もちろん、ホエーだけでなくヨーグルト自体も優れた発酵食品であり、体内の善玉菌を増やしてくれて腸内環境を改善してくれるのでデトックスに繋がります。
デトックスができれば活性酸素の生成量が減り、腸内で適切に栄養素を吸収できるようになり、血流も改善されます。

以上のことから、ヨーグルトは肌にとってとても優れた働きをしてくれることが分かります。

ヨーグルトは肌にとってとても優れた働きをしてくれる

ホエーやヨーグルトは普段と同じように食品として摂取することももちろんおすすめですが、ちくびに直接パックとして塗っても効果が期待できます。
ちくびに直接塗った場合に期待できる効果には、保湿やピーリングなどが挙げられます。
ちくびは乾燥すると外部からの刺激を受けやすくなってしまうことがあるので、保湿は意外と重要なんです。
また、ヨーグルトのアルファヒドロキシ酸は古い角質を剥がしてくれるピーリング効果が期待できるのでターンオーバーを促進することができます。

リップクリームでちくびの美白が期待できる理由

リップクリームでちくびの美白が期待できる理由

ではちくびの黒ずみにリップクリームの効果が期待できるという話ですが、こちらは黒ずみが薄くなるという人と薄くならないという人のどちらの意見もあるんです。
ただし私が調べた所、どうやらリップクリームではちくびの黒ずみは薄くならない気がします。

なぜかというと、リップクリームを塗ることで得られる効果はあくまで保湿であり、黒ずみの原因となっているメラニン色素には働きかけないからです。
黒ずみを薄くするには既に生成されてしまったメラニン色素を排出する必要がありますが、リップクリームを塗ってもその効果は得られないということです。

ただしリップクリームを塗ることでちくびを保湿することはできますので、かゆみを抑えることには繋がるのではないかと思います。
そのため、ちくびへの刺激を減らすことができるという点では黒ずみに効果があると言っても良いのかもしれません。

コンテンツ一覧

ページのトップへ