ハイドロキノンはちくびの黒ずみに効果的なのか調べまとめました。

ちくびの黒ずみ解決所【おすすめのアイテム決定版】
  1. ハイドロキノンはちくびの黒ずみに効果的?

ハイドロキノンはちくびの黒ずみに効果的?

肌の漂白剤と呼ばれるほど、美白効果の高いハイドロキノン。ちくびの黒ずみにも効果があるのでしょうか?ここでは、ハイドロキノンの美白効果や副作用についてまとめてみました。

ハイドロキノンとは?

ハイドロキノンはちくびの黒ずみに効果的?

ハイドロキノンはヒドロキノンとも呼ばれ、イチゴ類や麦芽など天然にも存在する成分です。写真現像剤としても使われており、写真を現像していた人の肌が白くなったことから、その美白効果が発見されたといわれています。

ハイドロキノンは、シミの原因であるメラニン色素の合成を阻止するはたらきがあります。その美白効果はアルブチンの数10~100倍ともいわれていて、既にできてしまったシミに効果的な成分です。

美容クリニックなどでは主に、次のような症状に対してハイドロキノンが使われています。

  • シミ、肝斑(かんぱん)、そばかす
  • ニキビ跡の色素沈着
  • レーザー後の色素沈着

知っておきたい!ハイドロキノンの副作用

知っておきたい!ハイドロキノンの副作用

ハイドロキノンは強力な美白効果がある分、肌刺激が強い成分であり、次のような副作用を起こす場合もありますので、使用する際には注意が必要です。

肌の赤みやシミが濃くなったような症状
ハイドロキノンを使用すると、肌が赤くなったりシミが使う前より濃くなった気がするということがあります。これはシミが濃くなったのではなく、ハイドロキノンの美白作用によって、シミのない部分の肌の明るさが強調されたために起こる症状だそうです。
猛烈な光毒性がある
ハイドロキノンには、強い光毒性があるため日中に使用する際には紫外線対策としてUVケアをしっかり行う必要があります。無防備に紫外線を浴びることで、肌トラブルやシミの悪化につながってしまいます。
白斑(はくはん)のリスクも
ハイドロキノンを5%より多く配合されているものを使用すると、白斑になるリスクが報告されています。白斑のリスクが起きないように、一般の化粧品の場合は2%までの濃度にされており、それ以上の場合は医師の指導が必要となっています。

そのほかにも、ハイドロキノンの使用によって「かゆみ」、「表皮がはがれる」、「肌のカサつき」などの症状がでる場合があります。美白効果を目的にハイドロキノンを使用する際には、必ず事前にパッチテスト等を行うことが大切です。

ちくびの黒ずみ対策には専用クリームがおすすめ!

ちくびの黒ずみ対策には専用クリームがおすすめ!

ハイドロキノンは確かに強い美白効果がありますが、その分肌刺激が強いため、ちくびのようにデリケートな肌への使用はおすすめできません。

ちくびの黒ずみには、やはり低刺激で肌にやさしい専用クリームでのケアが大切です。専用クリームによるケアのメリットは、主に次のようなものが挙げられます。

  • できる限り肌への刺激を抑えた優しい処方になっている
  • 天然の美白有効成分が豊富に含まれている
  • 質の高い保湿成分も豊富で、肌のうるおいを保ちバリア機能を高めてくれる

デリケートな部分だからこそ、肌に優しい成分の多いクリームを選びたいですよね。「肌に優しいと、その分効果も少ないのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、薬用美白成分を含んだクリームは、肌の新陳代謝を高めながらメラニンの生成も抑制してくれる効果も高いといわれているんです!

特にHAKUBIは、ちくびの美白クリームのなかで唯一「アスタキサンチン」を配合しているので、質の高い美白効果を求める女性におすすめです!アスタキサンチンはメラニンの生成に関わる活性酸素を除去して、ビタミンCの6,000倍、コエンザイムQ10の800倍の美白効果があるといわれている成分なのです。実際にHAKUBIを使用した多くの女性からも嬉しい体験談が寄せられていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

コンテンツ一覧

ページのトップへ