ちくびの黒ずみを改善する生活習慣について調べまとめました。

ちくびの黒ずみ解決所【おすすめのアイテム決定版】
  1. ちくびの黒ずみを改善するには生活習慣の見直しを

ちくびの黒ずみを改善するには生活習慣の見直しを

ちくびの黒ずみを改善するには生活習慣の見直しも重要なポイントの一つです。そこで、なぜ生活習慣を見直すことが重要なのか、生活習慣を見直すとちくびの色にどのような変化が現れるのかを調べてまとめました。

ちくびの黒ずみ改善にはホルモンバランスが鍵だった?

ちくびの黒ずみ改善にはホルモンバランスが鍵だった

ちくびが黒くなる理由の一つに、生活習慣の悪化が考えられます。生活習慣の悪化とは、たとえば食事の栄養バランスが偏っていたり、喫煙習慣があったり過剰にアルコールを摂取したり、また運動不足や睡眠不足などのことです。

基本的にちくびが黒ずむ理由はメラニン色素が溜まってしまうからで、逆に言うとメラニン色素を作らないようにするか、すでに作り出してしまったメラニン色素を排出するかのどちらかを行うことでちくびの色は徐々に薄くなっていくと考えられています。

では生活習慣が悪化するとちくびにはどのような影響があるのかというと、たとえば血流の悪化により代謝が落ちてしまうことでメラニン色素が排出されにくくなってしまうことが考えられます。
運動をしている人に比べてしていない人の方が血流は悪いですし、生活リズムが乱れたり睡眠が不足していたり、喫煙する習慣が身に付いていても血流は悪くなってしまいます。
血流が悪くなってしまうのは、生活習慣の乱れによりホルモンバランスが乱れたり、体内に活性酸素が生まれすぎてしまうことが原因だと考えられています。

全身に栄養を運んでくれているのは血液

私たちの全身に栄養を運んでくれているのは血液なのですが、血流が悪くなるということは私たちの体に栄養が行き渡らなくなってしまうということです。
つまり、栄養が行き渡らないということはちくび周辺の細胞の生まれ変わり(=ターンオーバー)も鈍くなってしまうということで、黒ずんだ細胞がいつまでもそこに居続けてしまうことに繋がります。

また、喫煙や睡眠不足がきっかけで活性酸素が増えてしまいますが、活性酸素が増えてしまうとそのダメージから肌を守ろうとメラニン色素が生成されてしまうため、ちくびの黒ずみは濃くなってしまうと考えられています。
顔にシミができるのはまさにそれと同じ原因だと言われていて、睡眠不足やストレスなどがきっかけとなり活性酸素が増えることで顔の皮膚でメラニン色素が生成されてしまい、それがシミになってしまうんですね。

やっぱり睡眠は基本!

やっぱり睡眠は基本!

では活性酸素を減らし、肌のターンオーバーを正常にするにはどうすればよいのかというと、最も大切なのは睡眠です。
もちろん、喫煙習慣があれば喫煙は止めたほうが良いですし、栄養バランスが悪ければ今後は栄養を意識した食生活に切り替えればよいのですが、喫煙は依存性が高く無理に止めてしまうと逆にストレスになってしまいますし、栄養バランスを整えようとしてもなにをどのように摂取すれば良いのか知識を学ぶところから面倒に感じてしまい、三日坊主で終わってしまうこともあります。

しかし睡眠に関しては、私の経験上ですが、ちょっとした工夫さえできれば簡単に規則正しい良質な睡眠の習慣を身につけることが可能です。
睡眠リズムを整えることができれば、寝ている間に体の機能は回復されてホルモンバランスは整い、さらに代謝も上がるので血流も改善され、ターンオーバーも促されます。
これらが相乗的にちくびの黒ずみを薄くすることに役立ってくれるんです。

コンテンツ一覧

ページのトップへ