ちくびの黒ずみは皮膚科ではどのような方法で治療してくれるのか調べまとめました。

ちくびの黒ずみ解決所【おすすめのアイテム決定版】
  1. 頑固なちくびの黒ずみは皮膚科に相談すべき?

頑固なちくびの黒ずみは皮膚科に相談すべき?

自分でもどうにもできないちくびの黒ずみに関しては皮膚科や美容クリニックなどに相談しましょう。皮膚科や美容クリニックでは、レーザー治療や塗り薬など効果の高い方法でちくびの黒ずみを薄くしてくれます。

レーザーの種類と美白効果

レーザーの種類と美白効果

まず皮膚科や美容クリニックなどで受けられるレーザー治療についてです。
レーザー治療にはQスイッチYAGレーザーとピコレーザーの2種類があり、どちらもメラニン色素を破壊する目的で用いられます。
したがって、多くの患者の方は顔のシミや肝斑などの治療のために受診することが多いようです。

ちなみにQスイッチYAGレーザーとピコレーザーの違いは、ピコレーザーの方がQスイッチYAGレーザーよりも新しく、パワーも強力で、より小さなメラニン色素に対しても効果が期待できるという点です。
そのため、ピコレーザーの場合は入れ墨・タトゥーの除去にも使用されることがあります。

どちらも施術に際しては輪ゴムで弾いたようなチクリとした痛みを感じることがあり、1度の照射ではなく複数回の照射により徐々にメラニン色素は破壊されていきます。
レーザー治療はターンオーバーを促してメラニン色素を排出させるのではなく、そもそも細胞内のメラニン色素を直接破壊できるので、ちくびの黒ずみに対して非常に高い効果が期待できます。

レーザー治療の相場

レーザー治療の相場

そんな即効性の高いレーザー治療ですが、それだけ費用もかさみます。
QスイッチYAGレーザーの場合、ちくびを施術するのであれば片側1回の照射で1万円~3万円程度、ピコレーザーの場合はそれ以上にかかることがほとんどです。
また、効果が現れるまでの施術回数にも個人差がありますが、一般的には1ヶ月に1~2回程度の頻度で、合計5~10回ほどは継続して治療を受けなければ効果が見られることはあまり無いそうです。

また、それぞれ保険診療ではなく自由診療であるため保険は適用されません。
よって、もしもレーザーでちくびの黒ずみを治療するとなると総額で数十万円かかってしまう可能性もあります。

皮膚科で処方される塗り薬

皮膚科で処方される塗り薬

皮膚科や美容クリニックなどではレーザー治療の他に、塗り薬での治療を推奨していることもあります。
この薬はトレチノインやハイドロキノンと呼ばれるもので、皮膚の漂白作用を持っています。
つまり、黒ずみを徐々に薄くしてくれる効果があるということです。

ただしその作用が強力すぎるので、人によっては炎症を起こしてしまったり、乾燥し過ぎて皮膚がぽろぽろと剥がれ落ちて刺激に敏感になってしまったりするリスクもあるようです。

「ハイドロキノン」についてもっと詳しく

皮膚科に相談する前にホームケアを!

ちくびの黒ずみを皮膚科でのレーザー治療やハイドロキノンなどの塗り薬で治療する方法は、たしかに有効的なひとつの方法です。

ただ、場合によっては時間と費用の負担が大きくかかってしまうなど、デメリットも多くあります。お医者さんとはいえ、気にしている部分を人に見せなければいけないというのも心理的な負担になりますよね。

皮膚科に相談する前にホームケアを!

そのため、最終手段としての皮膚科に行く前に自分でできることはやっておきたいもの。私がおすすめするのは、お肌にやさしい安心・安全な成分で作られたちくび専用の美白クリームでのケアです。

ちくびはデリケートな部分なので、できる限り負担のかかるようなケア方法はとりたくありません。その点、ちくび専用の美白クリームは、美白有効成分がしっかり配合されているうえ、保湿効果の高いものが多いので、安心してお使いいただけます。

自宅に届く際にも、ちくびケアのクリームだとわからないように宅配してもらえるので、家族や彼氏と暮らしている人でも安心して注文してもらえます。初回は実質無料でお試しできる商品もありますので、費用面もかなりお得ですね。

コンテンツ一覧

ページのトップへ