ちくびの黒ずみをケアする方法をご紹介いたします。

ちくびの黒ずみ解決所【おすすめのアイテム決定版】
  1. ちくびの黒ずみをケアする方法

ちくびの黒ずみをケアする方法

ちくびの黒ずみをケアする方法について紹介します。セルフケアは間違った方法で行うと逆に黒ずみが悪化してしまうことがあるので、何が有効で何が逆効果なのかを知っておくことが大切です。

間違ったセルフケアは黒ずみ悪化の原因に!

間違ったセルフケアは黒ずみ悪化の原因に!

ちくびの黒ずみをケアする大切なポイントは、たっぷりの保湿とできる限り刺激を与えないようにすることです。

その理由は、ちくびが黒ずむ原因がちくびの乾燥や外部からの刺激などであることがほとんどだと考えられているからです。

ここではまず、ちくびの黒ずみが悪化してしまう可能性のあるセルフケア方法についてお伝えしていきます。間違った方法を行っている人は、今すぐにちくびケアの見直しが必要です!

市販のピーリング剤を必要以上に使用してしまう

市販のピーリング剤を必要以上に使用してしまう

ちくび周辺の皮膚は弱く、ピーリング剤を使用することで逆に強い刺激が与えられるため、より黒ずみが濃くなってしまう可能性も。

スクラブを必要以上に使用してしまう

黒ずみを落とすためにちくび周辺の皮膚をスクラブなどでこすってしまうと、一時的に皮膚表面は剥がれるので黒ずみを薄くするには有効かと思いきや、その刺激が逆にメラニン色素の生成を誘引してしまう可能性も。

歯磨き粉を使用してしまう

黒ずみを薄くするためにちくび表面の古くなった角質や皮膚などを落とそうと、良かれと思って歯磨き粉などのざらざらしたものでこすることも、ちくびにとっては逆に刺激が強すぎて黒ずみが濃くなってしまう可能性があります。

レモンなど柑橘類でのパック

肌はタンパク質で構成されているので、酸性のものに触れると溶ける性質があります。

それを利用してレモンなどの酸性が強いものでパックをする人がいますが、実はレモンの酸性だとちくびにとっては逆に刺激が強すぎてしまい、肌表面のピーリング効果はあるかもしれませんが黒ずみに関しては濃くなってしまう可能性が考えられます。

そのため、場合によっては痛みやかぶれなどを感じてしまい、それに対処するためにさらに刺激を与えてしまうことで黒ずみが濃くなってしまうという悪循環に陥ってしまうこともあるかもしれません。

硬い繊維でのケア

体を洗う時にナイロン素材などの硬い生地でできたボディタオルなどでちくびを洗うと、肌表面の角質を落とすことはできますが、ちくびにとっては刺激が強く黒ずみが濃くなってしまう可能性があります。

このように、ちくびの黒ずみを薄くするためにと思ってゴシゴシと皮膚表面をはがすようにケアしてしまうようなチカラ技は、逆にメラニン色素が生成されやすい状態にしてしまう可能性があるので注意が必要です。

黒ずみを薄くする成分配合クリームでのケアがおすすめ!

黒ずみを薄くする成分配合クリームでのケアがおすすめ!

ではちくびの黒ずみを薄くするにはどのようなケアを行えばよいのかというと、そのためには以下の成分が配合されたクリームや薬などを塗ることが有効だと考えられています。

  • アスタキサンチン
  • プラセンタ
  • トラネキサム酸
  • ビタミンC誘導体
  • その他、ヒアルロン酸など保湿効果のある成分

これらの成分はターンオーバーを促して黒ずんでいる肌細胞を外へ排出してくれる働きが期待できたり、ちくび表面の保湿が行われることでかゆみを抑えたり肌表面の清潔感を保ったりする働きが期待されています。

特に、アスタキサンチンは黒ずみの原因となるメラニン生成を促す活性酸素を除去するはたらきや、ビタミンCの6,000倍の美白効果があるのでおすすめの美白・美容成分です!ちくびの美白クリームのなかで唯一アスタキサンチンが配合されているのがHAKUBI。お肌のための天然成分にもこだわっているので、「ちくびをケアしながら黒ずみを薄くする効果を実感したい」という人にぜひおすすめしたいクリームです。デリケートな部分だからこそ、効果的なクリームでの正しいケアで、キレイ色のちくびを目指したいですね!

ちくびの黒ずみにおすすめのアイテム10選はこちら
コンテンツ一覧

ページのトップへ