ちくびの黒ずみが生まれつきの人の対処法について調べまとめました。

ちくびの黒ずみ解決所【おすすめのアイテム決定版】
  1. ちくびの黒ずみが生まれつきの人の対処法

ちくびの黒ずみが生まれつきの人の対処法

生まれながらにしてちくびが黒ずんでいることに悩んでいる人は少なからず居るのではないでしょうか。そのような人は遺伝で先天的にちくびが黒ずんでいることが考えられますが、少しでもちくびをピンク色に近づけることはできるのでしょうか。

生まれつきちくびが黒ずんでいる理由と対処法

生まれつきちくびが黒ずんでいる理由と対処法

生まれつきちくびの色が黒ずんでいる理由は、生まれながらにして遺伝的にメラニン色素の量が多いからだと考えるのが無難です。

自分のメラニン色素が多いか少ないかというのは肌の色からも分かります。たとえば欧米人はメラニン色素が少ないため肌が白く、紫外線に当たっても日本人に比べて日焼けをしにくい体質なんです。

しかし日本人や黒人はそのような白人と比べるとメラニン色素の量がもともと多いため、紫外線などの刺激を受けることですぐに黒く焼けてしまいます。

つまり、メラニン色素の量が多い人は全身の色が濃くなりやすく、逆にその量が少ない人は全身の色が薄くなりやすいんです。これは当然ですがちくびの色にも影響を与えます。

では、生まれつきちくびが黒ずんでいる人はその色を薄く出来ないのかというと、そんなことはありません。もしもちくびの色を薄くしたいのであれば以下の2点に気をつけて生活をすればいいんです。

  • メラニン色素を抑える
  • メラニン色素の排出を促す

メラニン色素を抑えるためにはちくびにできるだけ刺激を与えないようにすること、またメラニン色素の排出を促すためには美白成分が配合された薬やクリームなどを適切な量塗っていくことで可能となります。

生まれつきちくびが黒いのは悪いこと?

生まれつきちくびの色が黒ずんでいることにコンプレックスを抱いている人は多いと思います。私もそんな一人でした。そのような人は友達と旅行などで一緒にお風呂に入る機会や、大切なパートナーに裸を見られる機会がある際に必要以上に緊張したり不安になったりすることもあると思います。

生まれつきちくびが黒いのは悪いこと?

しかし、私が調べたところ日本人女性には基本的にきれいなピンク色をしたちくびを持つ人はあまり居ないそうなんです。むしろ、きれいなピンク色のちくびの方が珍しいと言われるほどらしいです。

これはどうしてかというと、もともと日本人は全身の色素が欧米人に比べて濃いんです。肌や髪の色が濃いのもそのためです。全身の色素が濃いため、ちくびだけがピンク色になるなんてことはほとんどありません。

また、もしも大切なパートナーから乳首の色を指摘されたとしたら、そもそもその相手はこちらの内面ではなく外面に意識を向けている可能性があります。その場の会話の流れにもよりますが、あまりにも相手がちくびの色やその他の容姿を指摘してくるようであれば、もしかしたら長続きしないかもしれませんね。本当に相手のことを心から好きであれば外面ではなく内面の魅力でなにもかもカバーできてしまうからです。

たとえちくびが黒ずみがちであったとしても、本来であればあまり気にする必要はないのかもしれません。

コンテンツ一覧

ページのトップへ