ちくびのかゆみと黒ずみの関係について調べまとめました。

ちくびの黒ずみ解決所【おすすめのアイテム決定版】
  1. ちくびのかゆみと黒ずみの関係

ちくびのかゆみと黒ずみの関係

ちくびがかゆくなってしまった時には絶対にかいてはいけません。もしもかゆくなってしまい、そのかゆみを抑えるために手でこすったり爪でひっかいたりした場合は、ちくびが黒ずんでしまう可能性があるんです。

ちくびのかゆみの原因

ちくびのかゆみの原因とは

虫刺されや乾燥などで肌がかゆくなってしまった時、ついついかゆみをごまかすために引っ掻いてしまうことがありますよね。そもそもなぜ肌がかゆくなってしまうのかというと、その原因には以下のようなものが挙げられるようです。

肌がかゆくなる主な原因
  • 接触などの刺激(敏感肌の場合)
  • 肌の乾燥
  • 多汗で汗腺などが詰まることによる炎症
  • 虫刺されによる毒性のある物質
  • 薬の副作用
  • アトピー性皮膚炎や接触性皮膚炎、じんましんやストレスによる乾癬などの皮膚疾患
  • 皮膚そう痒症など内蔵疾患

この中で特にちくびのかゆみに関係の深いものと言えば、接触などの刺激か肌の乾燥、そして汗による炎症ではないでしょうか。

かゆみが黒ずみに繋がる?

かゆみが黒ずみに繋がる?

ちくびのかゆみは黒ずみに繋がる可能性があるんです。

そもそも、ちくび周辺の色素が濃い理由はちくび部分の弱く敏感な皮膚組織を強く丈夫にするためであり、逆に言うと刺激が多く加わる可能性があるので色素が集まっています。
そのため、たとえばかゆみなどが原因でその部分を引っ掻いてしまい強い刺激を与えてしまうと、そこが炎症を起こしてさらに色が濃くなってしまう可能性があります。

ちくびでなくても腕や足など、かゆみを感じた部分を引っ掻いてしまった場合はそこだけ赤くなってしまうことがあると思います。
場合によっては、そこを引っ掻き続けるとかゆみは治まっても赤みがしばらく引かない状態が続いてしまうこともあるかもしれません。
ちくびが黒ずんでしまうのもこれと同じようなメカニズムで、外部からの刺激を受け続けることでその刺激から皮膚を守ろうとメラニン色素が多く分泌され、色が濃くなってきてしまいます。

つまり、もしもちくびがかゆくなったとしてもできるだけ引っ掻かずにそっとしておくことが重要になってきます。

そこで、もしもかゆみを起こさないようにするのであればかゆくなる前に汗をこまめに拭いたり、自分の胸にあったサイズの下着を身に着けて摩擦が起きないようにしたりする工夫が必要です。
また、もしもかゆみを感じてしまったときもできるだけ引っかかずに、かゆみ止めの薬を塗ったり冷やしたりして対処をすることで皮膚に刺激を与えるのを防ぐことができます。

コンテンツ一覧

ページのトップへ