ちくびの黒ずみはなぜなかなか薄くならないのか調べまとめました。

ちくびの黒ずみ解決所【おすすめのアイテム決定版】
  1. ちくびの黒ずみはなぜ薄くならないの?

ちくびの黒ずみはなぜ薄くならないの?

ちくびの黒ずみを薄くしてきれいなピンク色にしたいと思い、さまざまな努力や工夫をしてきたもののなかなか良い結果が現れない・・・。そんな方のために、どうしてちくびの黒ずみが薄くならないのか調べてまとめてみました。

やっかいな色素沈着

やっかいな色素沈着

ちくびの黒ずみがなぜ薄くならないかというと、それは色素が沈着してしまっているからです。色素沈着とは、メラニンの生成に対してターンオーバーが追いつかない状態のことだと考えてください。

通常、肌はターンオーバーを繰り返して古い細胞を外へと排出し、内側から新しい肌細胞が押し出されてきます。メラニンが生成されて肌細胞が黒ずんでしまった場合も、その肌細胞は基本的にはターンオーバーによって徐々に外へと押し出され、自然と剥がれ落ちていきます。

しかし、刺激を与え続けられることでメラニン色素が生まれ続ける状態になったり、ターンオーバーが正常に行われなかったりすることでメラニン色素が蓄積された古い細胞がそのまま押し出されずにとどまり続けてしまうことがあります。これが色素沈着です。

特にちくびは他の部分に比べて皮膚が薄いので刺激に敏感

特にちくびは他の部分に比べて皮膚が薄いので刺激に敏感で、そのため刺激から肌を守るためにメラニンが多く分泌されやすいエリアなんです。

ちょっとした刺激であってもその蓄積によりメラニンが生成されやすい状態になってしまうため、たとえばブラジャーのサイズが合わずに隙間が空いてしまったり揺れやすくなってしまったりした場合、ちくびとブラジャーが擦れやすくなってしまいます。

それが繰り返されることでちくびが少しずつ刺激を受け、メラニンを蓄積しやすくなっていきます。

ターンオーバーが大切

ターンオーバーが大切

一度色素沈着してしまうとなかなか落とすことはできません。
皮膚の部位や年齢などによっても差がありますが、基本的に正常な皮膚細胞がターンオーバーによって生まれ変わるまでには2~4週間程度かかると言われています。
ただし色素沈着してしまった皮膚に関しては短くても3ヶ月、長くて半年程度はかかると言われています。

そのため、ちくびの黒ずみを薄くしたいと思ってさまざまなアイテムを使用したり治療を受けたりしても、数日程度で効果が現れることはありません。
逆に、ちくびの黒ずみを薄くする努力を継続できれば予定よりも早く効果が現れることがあるかもしれませんね。

また、色素沈着を予防するには肌への刺激を抑えればいいので、たとえば日焼け止めを徹底したり虫に刺されてもかかずに我慢したり、ターンオーバーが正常に行われるように肌を清潔に保ち保湿を行うなどのケアを行いましょう。
このほかにも、規則正しいリズムでの生活もターンオーバーには欠かせませんし、ビタミン類やミネラルの摂取も重要です。

コンテンツ一覧

ページのトップへ